2017年03月06日

くるまの査定価格には車体の色も

くるまの査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。
定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。
定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好みがハッキリと分かれる傾向があるので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いといえるでしょう。
原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額はおクルマオークションの相場のタイミングにより常に流動的なでしょうから、その時の流行によってある一定の色が査定見積もりの際に高値をつけると言うこと起きてくるのです。
過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。
この修理歴車は査定時に大聞く減額されてしまう要因の一つになるのです。
かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが一様に修理歴車と見なされる訳ではありません。
車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車という扱いをうけることはないのです。
しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。
最近のことですが、中古自動車販売の最大手で一般の方向けの車査定アプリケーションを出しています。
でも、プロ向けの業務用査定支援アプリケーションもあるのです。
たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でも査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。
業務用の査定支援アプリと専用機器をともに使用すれば、目の前にある査定対象の車の以前に修理していたかどうかがすぐに分かってしまうことが多いというのですから優秀なアプリですね。
自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、断ってもいいのです。
多彩な会社に査定を依頼して比較検討して一番高い査定額を表示してくれた店舗で実際に売る方が良いといえるでしょう。
その一方で、現実的に契約を結んでからの売却をキャンセルすることは難しいか、受付可能でも損害賠償金を請求されるケースがあります。
損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、契約をする際には必ずすべての文章を熟読してからサインすることが大切です。


posted by 査定士 at 02:16| 日記